ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 農林水産総合センター 高温・少雨に対する農作物の技術対策について(緊急情報No.1)

高温・少雨に対する農作物の技術対策について(緊急情報No.1)

 広島地方気象台が発表した中国地方の一か月予報(令和元年5月9日発表)によると、平均気温は高い確率が60%、降水量は平年並みまたは少ない確率がともに40%となっています。また、高温に係る異常天候早期警戒情報(令和元年5月13日)では5月18日頃からの一週間は平均気温平年差が1.7℃以上高くなる確率が30%以上と発表されており、農作物の生育等に影響が心配されるところです。
 このため、高温・少雨に対する農業気象技術対策情報を取りまとめたので、本対策を参考に適切な技術指導をお願いします。
 また、暑熱環境下で作業を行う場合は、熱中症対策として、高温下での長時間作業を避け、こまめな水分と塩分の補給や休憩を取るように心掛けるなど、体調管理への注意喚起もよろしくお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 農林水産総合センター 高温・少雨に対する農作物の技術対策について(緊急情報No.1)