ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

内水面に関する対応など

内水面に関する対応など

●水産研究所内水面研究室では、巡回、来所、電話及び講習会などによる総対応件数が例年500件前後あり、その半数以上がサケ科魚類及びアユとなっていますが、その他、ナマズ、ドジョウ、金魚、ホンモロコ、チョウザメなどに関する相談等もあります。

●主な疾病の発生時期はおおむね下記のとおりです。
主な魚種の時期別病気発生時期

病名/魚種

アマゴ

コイ

アユ

伝染性造血器壊死症(IHN)

3月から6月

  

  

せっそう病

6月から8月

  

  

細菌性えら病

4月から8月

  

3月から11月

冷水病

4月から5月

  

3月から7月上旬

白点病

9月から10月

  

  

寄生虫病

5月から10月

周年

5月から10月

コイヘルペスウイルス病(KHV)

  

5月から11月

  

●内水面研究室の指導件数のうち、平成20年度の魚病診断件数は、下記のとおり51件でした。
魚種別診断件数

サケ科魚類

アユ

コイ

その他天然魚

合計

13

15

13

10

51