ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

中間育成について

中間育成について

岡山県の放流用種苗中間育成

瀬戸内海は高い生産性を有し、国内有数の好漁場であるにもかかわらず、近年、過剰な漁獲努力や、漁場環境の悪化等により、水産資源の減少傾向が続き、資源水準の低下が危惧されています。
このため、岡山県においても、漁業の生産基盤である水産資源の安定化と増大に資することを目的に栽培漁業を推進してきました。その一環として、県下の東部(尻海中間育成場)、中部(大畠中間育成場)、西部(寄島中間育成場)の3カ所に築堤式大規模中間育成場を造成し、昭和62年から県下各地先海面へ生産した種苗の放流を行ってきました。

中間育成を行っている魚種

岡山県ではガザミ、クルマエビ,オニオコゼ、ヨシエビの中間育成、放流を行っています。

ガザミクルマエビオニオコゼキジハタ
ガザミクルマエビオニオコゼキジハタ

種苗生産計画及び中間育成計画

岡山県で種苗放流を行っている魚種の種苗生産計画尾数及び中間育成計画尾数です。
魚種種苗受入計画育成後種苗配布計画備考
生産尾数サイズ生残率生産尾数サイズ
ガザミ400万尾5mm40%160万尾10から15mm
クルマエビ100万尾15mm50%50万尾40mm
オニオコゼ5万尾15mm50%2.5万尾40mm
ヨシエビ400万尾15mm50%200万尾40mm

中間育成場の概要及び所在地

尻海増殖場地図(Map Fan)
尻海増殖場所在地;岡山県瀬戸内市邑久町尻海地先
稼働年度;昭和62年
育成池面積;11,000平方メートル
飼育管理棟 1棟、樋門 2基、排水ポンプ 2基
大畠増殖場地図(Map Fan)
大畠増殖場所在地;岡山県倉敷市児島大畠人工島内
稼働年度;平成4年
育成池面積;3,300平方メートル
飼育管理棟 1棟、樋門 1基、排水ポンプ 2基、取水ポンプ 1基
寄島増殖場地図(Map Fan)
寄島増殖場所在地;岡山県浅口市寄島町東安倉地先
稼働年度;平成4年
育成池面積;7,900平方メートル
飼育管理棟 1棟、樋門 1基、排水ポンプ 2基、取水ポンプ 1基