ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 情報政策課 インターネットの正しい利用について

インターネットの正しい利用について

正しい利用について

インターネットは、双方向型の新しいコミュニケーション手段として、世界規模で急速に利用が進みつつあり、企業におけるイントラネットの導入や電子商取引の進展をもたらしているほか、個人の情報発信や情報へのアクセスの機会を飛躍的に拡大させています。

 こうした有益なコミュニケーションの手段として機能するインターネットではありますが、一方、そのオープン性、匿名性を悪用して一部の心ない利用者によるプライバシーの侵害をはじめ、特定個人の誹謗中傷や公序良俗に反するわいせつ、暴力情報などを掲載するホームページも増加しています。

 また、インターネット上に開設された電子掲示板への、さまざまな差別を助長する内容の書き込みも続いています。こうした書き込みは、憲法に規定した基本的人権を著しく侵すものであり、とりわけ、これまで岡山県などが行ってきた差別解消に向けた啓発活動の成果を覆すものです。また、高度情報通信社会の健全な発展を阻害することにもなりかねません。

 インターネットは現在も進化を続けているネットワークであり、適正な運用のためのルールづくりに国、県、関係機関をあげて取り組むことはもちろんですが、インターネットを健全に発展させていくため、利用者ひとりひとりがモラルを守り適正に利用しましょう。

 なかでも、携帯電話やスマートフォンは日常的なコミュニケーションツールになってきましたが、その有用性の反面、それらを悪用したトラブルも多発しています。これらを安全・安心に使いこなすためには便利さだけでなく、その負の側面も理解する必要があります。携帯電話やスマートフォンは通話機能だけでなく、インターネットにアクセスする機能を持った情報機器です。この機能は未成年者(中・高校生など)でも簡単にインターネットを利用できるということを意味しています。そのため、情報モラルの欠如により学校裏サイトやブログ、掲示板への誹謗・中傷などの書き込みや出会い系サイトの利用により犯罪に巻き込まれるなど今や社会問題となっています。

 一人ひとりの情報リテラシーの向上を図っていくことでITによる「いじめ」や「犯罪」を減らしていくことが求められています。

     ※情報リテラシーとは、情報機器やネットワークを活用して、情報やデータを取り扱う上で必要となる基本的な知識や能力のこと。
情報リテラシーイメージ図
   
 

岡山県の取組

機関・団体名等

関係団体、具体的な取組内容

知事部局

くらし安全安心課

犯罪のない安全・安心まちづくり条例に基づく取り組み
消費生活センター架空請求、詐欺等の相談、悪質商法によるトラブル防止等の情報提供、注意の呼びかけ
男女共同参画青少年課「青少年健全育成条例のしおり」の作成、インターネット上の有害情報への対応(フィルタリング等)
青少年総合相談センター「青少年問題110番」、「教育相談」、「子どもホットライン」、「ヤングテレホン・いじめ110番」による相談受付
人権施策推進課人権に配慮したインターネットの活用
情報政策課情報リテラシーの向上推進、セミナーの開催

教育庁

生徒指導推進室「いじめ問題に対する新たな提言」で、インターネットサイト、携帯電話メールなどによるいじめへの対応に言及。学習教材、教師用指導資料、HP、リーフレットの作成
人権教育課「人権に配慮したインターネットの活用(身につけよう情報モラル)」、「家庭で学ぶ情報モラル」を作成
総合教育センター情報教育(「みんなで学ぶ情報モラル」)、教員向け情報モラル指導用教材(対象学年別)の提供、教育相談

警察本部

生活安全企画課

(サイバー犯罪対策室)

「岡山県インターネットセキュリティ対策連絡協議会」、「インターネットカフェ等連絡協議会」と連携した活動。「サイバー犯罪に遭わないために」を作成。
少年課出会い系サイト等を利用した児童買春、児童ポルノ製造事件等の取締り等
 

その他関連情報

        青少年の総合的な相談機関として、6つの特色ある相談窓口が相互に連携し、皆さんの相談に迅速かつ的確に対応します。
        各窓口の相談員だけでは解決できない問題に関しては、弁護士、医師、臨床心理士などの専門家による無料相談・指導も
        行っています。
        フィルタリングソフトに関する情報提供や、フィルタリングソフト/サービスの無償提供を行っています。
        携帯電話で子どもたちに見せたくない有害サイトをブロックするサービスについての説明があります。
        ひきこもり・不登校・ニートで悩みを抱えている本人及びその家族に対する心理学的援助を中心とし、不登校・ひきこもり・ニートに
        関するカウンセリングの研究活動を行い、インターネットを有効活用したカウンセリング手法の開発、カウンセラーの育成を通して、
        その普及に貢献し、豊かな国づくりの推進を図ることを目的とした協議会です。
        ネット犯罪から子供を守ることを目的に設立された協会です。インターネットの有害性を知り、その危険・有害サイトから子供を守る
        ために役立つ各種情報の提供やインターネットの有害性を少しでも減らす工夫やインターネットをより有益なメディアにするための
        親や大人の努力を紹介しています。
        講師を派遣し、保護者・教職員等および子どもたち(児童・生徒)を対象としたネットの被害者・加害者にならないための講座を行っ
        ています。
        インターネットを利用した犯罪が年々増加し、その犯罪の手口やトラブルの原因も多様化している状況をふまえ、総務省では学校の
        先生や専門家からのヒアリングを通じて実際に身近で起きたトラブル事例を集め、その予防法と対処法をインターネットトラブル事
        例集としてとりまとめています。各種研修や啓発等でご活用ください。

トップページ 組織で探す 県民生活部 情報政策課 インターネットの正しい利用について